健康ヤセ子さんと不健康ボテ子さんの違いは?

健康ヤセ子さんと不健康ボテ子さんは大の仲良し。同じ会社の同僚です。
大の仲良しなのに、生活習慣は大違いなのです。
職場の机の上には不健康ボテ子さんはいつも、甘い清涼飲料水がおかれています。
そして健康ヤセ子さんは温かいお茶や常温のお水が机の上におかれています。
健康ヤセ子さんのお昼というと、手作りのお弁当。お弁当のフタをあけると、見事に
赤や緑、黒白、黄色といった色とりどりのおいしそうな食材が並べられています。
トマトにきゅうり、きのことお肉、ひじき入りの卵焼きに玄米ご飯。まあ、なんて素敵なパーフェクトお弁当。何がどういいのでしょうか?ではひとつづつ、解説していきましょうね。トマトは血液をサラサラにしてくれて、アンチエイジング効果も高い食材。きゅうりはカリウムを多く含み、ムクミに効果的。お肉はたんぱく源です。筋肉を作ったり、あなたの皮膚を作ったり、大事な役割を果たして基礎代謝アップに関与しますね。そのお肉の脂肪分を吸着してくれて排出させるのがきのこの役割。きのこは解毒作用が高くて老廃物を出す作用があります。便秘の改善にも良くて、お肉と合わせて頂くのは大変オススメなのです。そしてひじきこれは、ミネラルを豊富に含み、微量でも私達の体に大きく影響します。血液を造ったり糖質の代謝を行ったりするのに必要な栄養素なのです。
そして卵。あなたもご存知ですね。「たんぱく質の栄養価がパーフェクトな食材」なのです。口から摂らないと、カラダの中では作られないアミノ酸を、全て含有している事から卵は気軽に取れる栄養素として重宝しますね。そして素晴らしいのが玄米ごはん。精製された白いごはんにはビタミンやミネラルがほとんど残っていません。
玄米ご飯にはビタミンやミネラルが豊富で代謝を高めて、私達の心も安定させてくれる働きがあるのです。
お弁当を色とりどりにする素晴らしさは、偏りのない栄養を知らず知らずに頂けることなのです。
お弁当万歳ですね。では、不健康ボテ子さんのお昼はどうでしょうか?
お昼休憩は、お財布を持って近くのコンビニに行くのが習慣になっているようですね。
彼女はコンビニ弁当。それについついコンビニに行くと食後のおやつも買ってしまうような。必ずチョコレートか飴を買ってきます。
コンビニのお弁当は揚げ物が中心ですね。ごはんも白くて。お野菜が極端に少なく思いませんか?揚げ物の油は時間が立って酸化しちゃっています。
酸化はいわゆるサビの元。老化です。そのサビを自ら口に運ぶなんて。でもほら、ここにサラダがあるわよ。ってボテ子さんは主張しました。
確かにサラダを発見。それはマヨネーズで合えたポテトサラダです。
マヨネーズの油も酸化していますね。それにじゃがいもは穀物ですので、お野菜というよりはでんぷん質。と考えた方が良いですね。そうです。ごはんと同じ役割。という事は?
やっぱりお野菜が少ないって思いません?
それにボテ子さんは今日も目の下にクマを作って会社にやってきました。
毎晩、2時位まで、好きなマンガを読んでしまうらしいの。
寝不足も食欲のコントロールを上手にできない理由のひとつなんです。
健康ヤセ子さんは12時にはベッドに入って熟睡。
一番、特筆すべきは、風邪気味で喉の調子が悪い時に食べる飴。
ヤセ子さんはお砂糖の入っていない喉にスッキリメンソールの飴。
ボテ子さんは甘さたっぷり、カフェオーレ味の飴を食べていました。
ふ~。食べ物や生活習慣が違うと仲良しさんもこんなに体型が変わってくるのですね。ホスピピュアで黒ずみを消しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です